乳腺外科|つくばみらい遠藤レディースクリニック|つくばみらい市にある産婦人科、乳腺外科、麻酔科

マップのアイコン〒300-2417茨城県つくばみらい市富士見ヶ丘1丁目28-3
ご予約・お問い合わせはこちら電話のアイコン0297-47-2055

筑西市にある遠藤産婦人科(本院)への電話対応は出来ませんので予めご了承下さい。

ヘッダー画像

乳腺外科

乳腺外科|つくばみらい遠藤レディースクリニック|つくばみらい市にある産婦人科、乳腺外科、麻酔科

予約システムのご案内

乳腺外科

乳房に関することは何でもご相談ください。

乳がん検診

乳がん検診

女性がかかる癌の第1位は乳がんです。
乳がんは発生初期ではほとんど症状がありません。乳がんは早くに見つかれば90%以上は治る病気ですが、発見が遅れると治療が難しくなることもあります。早い段階から周囲のリンパ管や細い血管にがん細胞が浸潤していくため早期に発見して治療につなげることが最も大切です。
症状のない方が受けることができるものに乳がん検診があります。乳がん検診には、公費の補助を受けた市検診や、自費もしくは職場で行う乳腺ドック等があります。
市健診に関しましては開始時期が決まり次第お知らせいたします。

乳腺診療

健康診断で精密検査が必要となった方、乳房の症状がある方、乳腺疾患術後のフォローなど、乳腺に関して専門的な検査や診療を受けていただくことができます。
十分な経験を積んだ乳腺専門医によるわかりやすい説明と正確な診断により、すべての女性に寄り添った診療を行うことをお約束します。

診療の流れ

問診、診察で必要な検査(マンモグラフィ、超音波)を行います。
検査結果に応じ、細胞診・針生検・吸引式乳房組織生検を行います。検査内容により同日行う場合と後日行う場合があります。
生検では乳がんであるかどうかの診断と、乳がんだった場合はどのような乳がんであるか診断します。乳がんには、色々な種類があり、治療法も異なってきます。

乳がん術後の定期検査

がんの治療は、診断をして手術したところで終わるわけではありません。その後一定期間の通院・経過観察が必要です。
乳がんの治療は手術で病変を取り除いても、その後の転移や再発予防のための治療が必要です。化学療法であれば3~6ヶ月ほど、ホルモン療法であれば5~10年かけて行っていきます。また、術後に放射線治療を短期間実施することもあります。
このように乳がんはとても長期間の投薬や経過観察が必要な病気です。また10年以上経過してから再発するケースも少なくないです。手術した方と反対の乳房の新たな乳がんの発生することもあり、注意が必要です。
当院では機関病院と連携し、術後の経過観察および術後のホルモン療法を行います。

・乳腺良性病変の経過観察
・セカンドオピニオン
・その他、乳房の全般についての診療

妊娠授乳期乳腺外来

妊娠授乳中は胸がはったり皮膚が過敏になったり様々な症状を感じやすくなります。
胸のしこり、胸の痛み、胸の腫れ、胸の発赤・熱等なんでもご相談ください。産前産後の胸のお悩みから乳腺炎(*1)診療・がん(*2)の診断に至るまで丁寧に診察いたします。

*1 乳腺炎:乳房が張って痛みや硬結を伴う状態をうっ滞性乳腺炎といいます。母乳がうまくでなかったり、つまったりすることにより発生し、軽度のものを含めると10〜20%の方が経験します。

*2 妊娠期乳癌:妊娠中や分娩直後、授乳期間中に診断される乳癌は、妊娠期乳癌(乳癌合併妊娠)と言います。出産10万例あたり15~35例とまれな事象ですがが、出産の高齢化に伴い、増加傾向にあります。